March 2005

March 30, 2005

2Gの幸せ

仕事の合間にわざわざ来てくれたT君のおかげで、古いPC(Windows98)が生き返りました。まぁ、そのうち、こっちにも、もちょっと新しいOS入れますが、今はそんなことよりも、これに入っている二個めのハードディスクが開けられることが嬉しい。

2Gめいっぱい音楽が入ってる。それも90%が和製フォーク。(残りはアメリカのフォークとアイリッシュ・トラディショナル)

昨日からこれをシャッフルして聞いてるんだけど、まぁ、時代錯誤に陥って、大変幸せです。

私はリアルでこの時代を知らないのに、なぜかこういうものに共感を覚える。

自分が大学生になったときは、学校の新聞部に行って茶色くなって「いらないからあげます」といわれたボロボロの70年代の学生新聞を読んで興奮したものだった(変な大学生!)

自分が大人になってからは、年上のおっさんやおばちゃんに混じって、「あの時代は意味があったのか、社会を変えることができたのか」と、それを知りたがった。成田闘争とか見ても全然かっこいいとも何とも思わないのに、なぜか70年代に若い女性がブタバコに喜んで入った話とかきくと、心が躍ったのだ。アレン・ギンズバーグが好きで、何ども朗読会に行った。





歌は忘れ去られるかもしれない。

だけど、

自分とは何だ

その疑問だけは死なないで欲しい。


自分を知ることが大事なんじゃない。

自分は存在しないかもしれない。

そんなことはどうでもいい。






自分とは何だ!

sabala at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)精神世界/自己啓発