February 2008

February 29, 2008

黒人の中国人

トニーが友達のアルベルトを目の前に、アルベルトの名字は「チェン」なんだと言う。私は「あーそうなの?」と関心を示さず、、、

すると、更にトニーが言う「こいつは中国人だ。黒人の中国人なんて見たことある?」

アルベルトが苦笑いしながら「おじいさんが中国人なんです」と。

これをネタにされるほうも困るだろうけど、それで喜んで興味を示すことを期待される私も困る。

仕方ないから it's a great honor to meet you! (お目にかかれて大変光栄です)とか何とか言って、握手を求めてみる。

ううん、私ってこういうときの機転のきいた対応が苦手かも、、

でも人種のことって、微妙な面もあるしなぁ、、、トニーとアルベルトは仲がいいみたいだからいいけど、私はアルベルトに会ったのは初めてだし、、、

このアルベルトという人、名字が中国系で黒人、その上トニーとはスペイン語で話してます。トニーはキューバ出身なんだけど、アルベルトもそうなのかなぁ、、、そっちのほうが私は興味があるかも。

SFベイエリア/シリコンバレー生活 - livedoor Blog 共通テーマ

sabala at 00:23|PermalinkComments(22)TrackBack(0)外国人として生きる