September 2010

September 22, 2010

今ロンドンにいます、$2000送金してください

メールはGメール使ってます。サーバーのもあるけど、サーバーのはスパムがほとんどなので、サーバーのメアドに来たやつは、Gメールに転送してもらってます。Gメールはスパムを奇麗に掃除してくれるので、助かる助かる。

それなのに、今日は珍しくスパムが来た。メールの内容はタイトルの通り。メールの送り主には心当たりがない。こういうメールの特徴は、英語の間違いが多いこと。でも、このメールは大丈夫みたい。Gメールのスパム掃除機にひっかからず、私のところまで来てしまったやつは、Gメールに「スパム来てましたよぉ」って連絡することができる。

でも、ふと名前が気になったので、検索してみる。テキサスの看護婦さんに同姓同名がいるけど、その人についても詳しくは載っていない。名前とLondonで検索してみると、どっかの掲示板に引っかかるが、実際に行っても該当するものはない。ま、これ以上掘り下げても意味がないので、予定どおりスパム報告、ぽっちり。

10分ぐらいしてから「あ、もしかして!」と気がついた。去年の暮れに友達のメアリーと、その友達のシスター・メアリーと三人で買い物に行ったことがある。メールの主は、このシスター・メアリーではないかと思うのです。アフリカのゲリラ激戦地とかで困った人を助けたりとか、すごい活動をしているらしい。シスターと言っても、制服(!)を着ているわけではなく、ちょっと地味めの普通の服を着ていた。

テキサスで看護婦、、、たしか、そんな話も聞いた記憶が、、、、

友達のメアリーはこのシスター・メアリーに長年にわたりいろいろお金をあげているらしいのだが、失業しちゃって自分自身の家計が回らなくなってきた。そこで「さばらもできたら、、、」という趣旨で、私とシスター・メアリーを引き合わせたのだ。シスター・メアリーの活動が素晴らしいのはよく理解できるけど、こういう下心で人を引き合わせようとするのはあまり嬉しいことじゃない。それはシスター・メアリーのせいではないので、当日は楽しくお買い物して、楽しくお昼食べて終わり。続きを読む

sabala at 03:07|PermalinkComments(6)TrackBack(0)