January 05, 2015

ホノルル記(8)

ハワイには友人Kと一緒に行ったのですが、彼はホノルル出身なのでいろいろ詳しい。行く前に「ビーチもいいけど、ジャングルにハイキングに行こう」なんていう話になって、私は「え?ジャングル??」

サンフランシスコ近辺でも、ハイキング・トレイルには、グーグルマップのストリートビューが出るところがあります。当然車では入れないから、ザックに背の高いカメラを装着してハイキングコースに入るらしい。ハイキングコースも行く前に様子がチェックできるのでいい。そこで、オアフのマノア滝へのコースを調べてみたら、あるある。あります、ストリートビューが。鬱蒼と植物が生えている、それもカリフォルニアでは見かけない熱帯植物、こりゃぁ、どう見てもジャングル。

ハーフマラソンのトレーニングで膝を痛めた私は、今回は長距離のハイキングはできない。行ったのは、このマノア滝と、マカプウ灯台。どちらも1時間以内で、しろうとでもいけます。マノア滝は、一年中一部のトレイルが泥状態で、足元が悪いので要注意。ハイキング用の靴なんかいらないし、スリッパ(ビーサン)の人も平気で来てました。距離は短いけど、岩がごろごろしているところもあります。途中、後ろ向きの青年がゆっくり降りてくると思ったら、お婆さんの両手をもってあげていました。また、我々が登っているとき、すれ違いで降ってきた女性がすっころんで私にしがみついてきました。こっちだって転びそうなのに〜

マカプウ灯台は、灯台まで行くこともできますが、道がかなり険しいと地元の人が言っていました。舗装道をそのまま行くと、灯台の上に出てます。ハワイの青より青い海、どこまでもどっどーんと広がる水平線。そして、水平線に遠慮して、ちょっと上に広がる雲。水平線をよくみると、向こうの島がうっすらと見えました。お隣のモロカイ島だそうです。眼下、左側に見えるのはラビット・アイランド、つまりうさぎ島です。うさぎの頭の部分に見えるから、そう呼ばれるのだとか。うさぎというよりは、私には鉄腕アトムに見えるんだけど、、、ちなみに、マカプウ灯台への道は、ジャングルではありません。木があまりないので、日差しが強く、海から突風も吹く。幸運なことに、何匹もくじらを見ることができました。くじら鑑賞ツアーの船なんかあるらしいけど、マカプウからもよくみえました。くじらの潮吹きは何度も見たし、寝返り(違)してくれたので綺麗なしっぽも見えました。

(つづく)




sabala at 10:05│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字