January 11, 2015

ホノルル記(16)

オアフ島2週間の滞在中、電車には一度も乗らなかった。ないものは乗れない。でも、次回は是非乗りたい。

ホノルル滞在中のある日、西側のビーチにサーファーやスノーケリング船を眺めに行った。ビーチの後ろの駐車場に入るとき、単線の線路を越えていった。「あれ?オアフには電車はないんじゃなかった?」草ボーボーなので、使われていないんだろう。廃線になっちゃったのか、、、でも、こんな人工の少ない、低所得者が多く住んでいる地域になぜ?

聞いてみると、昔、収穫されたサトウキビを運搬するための蒸気機関車が走っていたのだとか。一時はホノルルから西回りでハレイワまで走っていたらしい。現在、オアフ島西北のカエナ岬は電車はおろか車でも回れない。このあたりは海岸沿いの州立公園と丘の上には軍の衛星アンテナがあり、岬を回ってハレイワまで行くハイキング・トレイルはある。

現在、非営利団体ハワイ鉄道協会がエヴァ Ewa ・ナナクリ Nanakuli 間の線路を所有し、そのうちエヴァから カヘ・ポイント Kahe Point の間を毎週日曜日に、二往復運行している。私が線路を見たのは、カヘ・ポイントよりはかなり北なので、この列車は来ない。昔は蒸気が走っていたが、この観光列車はディーゼル。

私は人寄せパンダが嫌いなので、ポリネシア文化センターシーライフ・パーク、そしてドール・プランテーションはすべて総スカン。でも、ドール・プランテーションの園内にパイナップル・エクスプレスが走っていることは聞いていたので、気にはなっていた。ネットで調べる限りは、「昔パイナップルを運んでいた」とは書いていないので、観光農園にしたときに線路を引いたのかもしれない。機関車は観光農園のために特注したものらしい。

私は鉄道マニアでも何でもないが、アメリカの自転車乗りとしては当然車以外の、ガソリンを使わない交通機関には興味がある。ホノルル電鉄、2011年に竣工しました!あちこちで高架線路の建設がみられます。カポレイ東からアラモアナまで、全長20マイル(32Km)のうち、カポレイ東からアロハ・スタジアムまでが2017年に開通、そしてアラモアナまでは2019年に開通予定。無人運転で、WiFi完備。自転車持ち込みOK。これは人寄せパンダではありません。実用そのもの。ワイキキのホテル群まで行かないのが残念といえば、残念。官庁やビジネスビルの集中するエリアやホテルやレストランに通勤する人たちのためなのでしょう。観光客が空港からアラモアナまで行っても、ホテル街まで歩いては行かれない。それでも、空港からタクシー飛ばすよりはアラモアナからタクシーに乗ったほうが安い。是非乗りたい。。。でも、開通前にまたハワイに行きたい!

(つづく)

sabala at 05:12│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字