ホノルル記(17)

January 13, 2015

ホノルル記(18)

ワイキキを歩いていると、日本語の情報誌の種類の多さに驚く。日本人観光客はいたけど、そんなにいるのかなぁ、、っていうほど、情報誌の数はすごかった。暇つぶしに、ひとつふたつ読んでみると、レストランのディナーの値段が尋常じゃぁない。「ああ、これで日本人は皆『ハワイは物価が高い』っていうのか」と思うほど。ディナー$100は常識??

そういう豪華なディナーとは関係なく、私が大喜びしたのは

Zippy's ハワイ料理のファミレス。私が行ったのは12月の後半、1月の正月スペシャルが純和風で、煮しめやお雑煮の写真がずらり。ああ、あのメニューの写真とってくればよかった。日本のファミレスだって、和洋中が並んでたりするから、ハワイのファミレスに煮しめがあったって絶対いいんだけど。日系人が「おばあちゃんの味」とか思って注文するのかなぁ。煮しめなんて簡単に作れるので、なにもファミレスで食べようとは思わないんだけど、カツとかBBQ、マカロニサラダに混じって純和風のお正月料理はちょっと感動したなぁ。この「文化のズレ」みたいなところを味わってみたい気もする。正月にZippy'sに行って、いったいどんな人たちが日本の正月料理を注文しているのか、観察してみるのも楽しいか。

ホノルルに二週間行くって言ったら、日本人の友達が「おすすめレストラン」のリストをくれた。なんと全部日本食。定食はここがいいとか、お寿司は、、、行く前に私は「別に和食を食べに行くんじゃな」と思ったのです。

でも、行きました。
Made In Hawaii Foods いちご大福がおいしい。最初は様子がわからないので2時ごろ行ったら、とっくに売り切れてました。1週間後に再挑戦、開店(11時)前に行って、大人買い。サンフランシスコでもときどき見かけますが、中国人がやっているのかカラフルすぎて食指が動かないような和菓子があります。ハワイでいちご大福が食べたいと言ったら、最初そういうところに連れて行かれました。幸い、休みの日だったのでそこでは買いませんでした。ちゃんと「ここに行きたい」と言わないといけない。どこでもいいわけじゃない。Made in Hawaii Foods の大福は、いちご大福だけじゃなくて、チョコレート、ハウピア、コーヒープリン、チーズケーキなど、いろんな物が入ったやつがあります。いくつか試したけど、どれもなかなか、、、こりゃぁ、2、3時間で売り切れるわけだ。なぜか相撲取りといちご大福のイラストのTシャツまで買ってしまいました。

(つづく)



sabala at 12:56│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by takako   February 07, 2015 08:12
わたしは パイナップルジュースとパパヤを毎朝食べました。もう食べたく無いと思うほど食べたかった。
『ハワイは天国』という言葉を聞いてからハワイに憧れました。良かったですね。
2. Posted by UC   November 29, 2017 16:40
5 さばらさん、おひさしぶりーーー!!!

UCでございます
実は、2年前の2月にOrindaのHostの父が亡くなり、それ以降、広い家に一人で暮らしてきたHostの母も、耳が遠くなり、記憶があいまいになり、ついに、今度家を出て、老人ホームに移ることとなったそうです。家をでてもしばらくはOrindaの家を保存しておく予定らしいのですが、、、そうなると、私はCaliforniaに行ったらどこに泊まればいいんだ?となってしまいますが、、、

お元気ですか?(長い前置きでした)

2015年のホノルルですが、、、そのあと日本に戻ったのか、それともサンフランシスコに戻ったんでしょうか。。。

また連絡が欲しいです〜
メールアドレスを残しておきましたので、ご連絡いただけますよう、お願いいたしますね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ホノルル記(17)