環境問題

June 28, 2009

車一杯分$20

paper rush段ボール箱、つぶしにつぶして50箱。大きいのは自転車や昔のコンピュータ。小さいものは、、、

うちの2ドアシビックの後部座席を倒し、どんどん突っ込む。段ボールで車はほぼ一杯。でも、ここで引き下がってはいけない。12.5リットルのビニール袋2、5個のペットボトル、アルミ缶、高密度ポリエチレンの容器。段ボール箱にはガラス瓶が1ダース。車があっぷあっぷ言っているのを無視して、ぎゅうぎゅう車に押し込む。

私はまるでゴミの隙間に座る感じ。当然ミラーは役に立たず、地図を見ながら迷ったりUターンしながら目的地のペーパー・ラッシュ Paper Rushに到着。一旦車からおりて宇宙人が黙々と働くリサイクル工場の様子を見学。缶や瓶を持ち込んでいる人がいたので、とりあえず車から缶とペットボトルのビニール袋を持ち出し、行ってみる。スーパーの駐車場のリサイクルセンターとは違って列はない。おばちゃんがすぐに私の袋を受取り、家族四人で乗れそうな計りに載せ、それぞれの重さを紙に書き込み私にくれる。続きを読む

sabala at 10:41|PermalinkComments(7)TrackBack(0)